Tinder ネット恋活/婚活

Tinderで安全に楽しくLINEを交換するための注意点を徹底解説!

tinderを使って、素敵な出会いを求めている方にとっては、tinder上でラインのアカウントを交換することがかなり大事になってきます。

ところが、このアプリを悪用して、「ヤリモク」で近づいてくる人がいたり別のサイトへ誘導してくる業者がいたりと、気を付けないといけないことが結構あるんですよね。

そうした障害を乗り越えて、マッチングを楽しむために、今回はtinderでのライン交換の極意をご紹介していきます!

LINE交換をするなら、最低5通のやりとりをしよう!

まず、基本的なことからおさらいしていきましょう。

Tinderは現在、利用者の男女比が9:1(男:女)だと言われています。

なぜこうなるかというと、マッチングアプリで男性の利用料が基本無料なものが、少ないからです。

Tinderは男性も基本無料となっているため、男性の利用者が抜群に多いのです。

こうなると、この中には、

・ヤリモクの人。
・他のアプリやサイトへ誘導する業者。
・ストーカー化してしまう人。

こういった人たちがたくさん潜んでいます。まずは、このことをしっかり覚えておきましょう。

こうした人たちをかわして、本当に出会いを求めている男性を見つけるには、じっくり相手を見極める必要があります。

ですから、プロフや写真を見て「いいな!」と思っても、すぐにLINE交換をしないように気を付けてくださいね。

後ほど、こういった人たちのプロフを見極める方法についても触れていきたいと思います!

Tinder上でLINE交換をする際には、最低5通はやりとりを行うようにしましょう。
この5通の中で、ちょっとでも変だなと思う要素があるなら、LINEは教えない方がいいです!

また、これは最低値なので、じっくり相手のことを知りたいと思うならもっとたくさんやりとりをしても差し支えはありません。

ただし、あまりダラダラ長引かせてしまうと「好意がない」と判断されて、メッセージが返ってこなくなったりマッチング解除されたりもしますので、気を付けるようにしましょう。

LINE交換の申請は、「好意の証」でもあります。

LINEを交換する時に気を付けておくこと

いざ、LINEを交換しよう!となったら、まずLINEの設定をきちんと確認しておきましょう。

・LINEはIDを変えることができない
・LINEのタイムラインに個人情報が載っていないか確認する
・本名がわからないような名前に設定する

後でまた触れるのですが、LINEはIDを変更することができません。

このため、危険な人にIDを知られてしまった場合は、ID検索を不可にするかアカウントを作り直すということになります。

どちらも面倒なことになるのがわかりますよね。
ですから、IDを教える前にしっかり相手のことを把握しなければなりません。

さらに、いくらメッセージを交換して信用できる人だからと言って、もしかしたら本当はやばい人かもしれませんよね。

この場合、タイムラインに個人情報がわかる投稿が載っていると、それを悪用されたりストーカー化したりすることがあるので、気を付けなければなりません。

LINEのタイムラインの投稿の際に、閲覧できる人を制限する機能があるので、まだその人のことがわかっていない内は非公開にすることをおススメします。

上記理由と同じくして、本名がわかるような名前も気を付けた方がいいでしょう。

本名をすぐに教えてしまうのは、とても危険です。LINEには個人情報の流出の危険が潜んでいますので、しっかりと設定や投稿を確認してからLINEのIDを教えるようにしましょう!

LINE交換をするための理由2選!

LINE交換をするためには、LINEを使う理由がなければいけませんよね。

基本的にはTinderのメッセージ機能を使えばいいのでは?という風になってしまいますから。どういった理由なら、LINEの交換がしやすいのかまとめてみました!

①最初のデートの待ち合わせの段取りの為

デートの打ち合わせこそ、Tinderでやればいいのでは?と思われる方もいるかもしれませんね。なぜ、あえてLINEを使うかというと

・Tinderのメッセージ機能には、既読機能がない。
・Tinderではメッセージの履歴が見れなくなる場合がある。

LINEは既読機能がありますから、メッセージをきちんと読んでくれているかどうかわかりやすいですよね。

相手がメッセージを読むタイミングなどを把握することで、その人の生活のペースがつかみやすくなり、その人に合わせたデートのプランが提案しやすくなります。

さらに、Tinderはマッチ解除されたり退会されたりするとメッセージを見れなくなってしまいます。

こういった場合は、会うことも無く終わるのでいいじゃないかと思われるかもしれないですが、意図せずログインできなくなってしまったというパターンもあるわけです。

せっかくデートの約束をして、お互い会いたい気持ちでいるのに、Tinderにログインできなくなってしまって縁が切れてしまう、これってかなりもったいないことですよね。

確実にデートをしたいから、という理由でLINE交換を求めることはなんらおかしいことではありません!スムーズなやりとりがしたい、確実にメッセージを残しておきたい、こういった理由でもいいですね。

②自分からLINEのIDを教える

本当は、相手のIDを教えてもらう方がリスクは少ないです。

相手のIDを教えてもらうことで、自分のIDを教えなくて済むからです。

この場合、やっぱりないなと思った時はブロックすれば終わりますしね。

しかし、ここでお伝えしたいのは、どうしてもLINEを交換したい相手がいて、確実にその人のIDを知りたい!という場合のことです。

この場合は、相手にIDを教えて!と言うよりも、自分のIDを伝えた上で、良かったらLINEでやりとりしませんか?

伝えた方が、相手は連絡しやすくなります。
やはり、自分のIDを教えるってことに抵抗がある人は多いですから。

この人はIDを教えてくれるんだ!という安心感にもつながりますね。

ただし、自分のIDを自分で教える時には、相手がどういう人なのかをきちんと見極める必要があるということは、何度も言わせていただきます!

危険!LINEを交換してはいけない人

さて、最初にお話しした通り、Tinderには危険な人も潜んでいます。こういった人たちは、似たような特徴があることがわかってきました。

以下を参考にしてみてください!

・プロフィールにLINEのIDを記載している
・ブランド物/高級車と一緒に写真に映っている
・1通目からLINE交換をしようと言ってくる
・LINE交換しようと言ってくるのに、自分のLINEのIDを頑なに教えない。

こういう人がいたら、ヤリモクか業者の可能性が高いです。これは経験談です(笑)!

特に、LINEのIDをそのまま載せている場合は、そもそもLINEのサブアカウントの可能性がありますので、気を付けてください。

すぐに会いたいと言ってきたり、距離の近さを話題に出してきたりする人はヤリモクが多いです。

LINEは交換したけど…、やばいと思ったら

一度LINEを交換してみて、やっぱりなんか変だなと思ったらすぐにブロックすることをおススメします。

特に、Tinder上では普通にやりとりしていたはずなのに、LINEになった途端以下のようなメッセージを送ってくる場合は要注意です。

・別サイトのリンクを送ってくる
・金銭を要求してくる

また、LINEのIDだけを抜き取って悪用する人もいます。
こういった場合、IDを知られてしまっているのでブロックしても、別のアカウントから連絡をしてくる場合があります。

まずID検索をできないようにすることをおススメします。

残念ながら、LINEのIDは一度決めたら変更ができない仕様となっています。だからこそ、IDを教える際には慎重にならないといけませんね!

-Tinder, ネット恋活/婚活

Copyright© KOICOME , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.